読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分をえらんで 生まれてきたよ

不整脈、ペースメーカー埋め込み、喘息、など 病氣をもちうまれた

いんやく  りおくんの本より

 

赤ちゃんは、どのお母さんにするか、どんな体にするか、どんな性格になるか、自分で決めて生まれてくるのが、ふつうだよ。

ぼくが病氣で生まれたのは、

病氣で生まれる子や、お母さんたちを、励ますためだ。

だから、ママは、

ぼくの言葉を、みんなに教えていい。

ぼくは、病氣だったから、幸せなんだ。

ぼくは、病氣だったから、心の言葉が話せるんだ。

だから、いつか、心の幸せを配るサンタさんになるんだ。

病氣になる理由は、人によってそれぞれ。

でも、ぼくのいまいえる言葉は、

病氣は、体を、じょうぶにするためにある、ということ。

病氣をすると、新しいことが入って、古いものは飛んでいく。

あまりわるい病氣だと、治療がたいへんかもしれないけど、

大きなことを学んでいるのだと思う。

 

ぼくは、自分が大好きだ。

自分の体が、大好きだ。

自分の体、ありがとう。

 

 

 

 

この言葉たちは、りくくんから、うまれた言葉たち。

もともと神秘的な神様に近い状態で生まれてきた子供たちは、そう思ってるのだと思う。

自分の体、心が好きであってほしい。

 

f:id:nameneko1516:20170218112043j:image

風呂掃除のひなた

 

 

ごめんね

年末年始に、これからの未来 いったい子供達にいくら貯蓄していかなきゃならないか
、私のこれからの働き方、 色々考えた

そしたら、10年は夜勤含めがんばらなきゃならないって、答えが出て
2人で愕然。。。

健康思考もあり 食費は削れない
笑顔思考からみると 私はもう少し楽な職場につきたいが 養育費、ま、おもに大学卒業させちゃるには 今のまま継続がお得。

笑顔思考をつっぱしると
ピエタセラピーとかチャイルドセラピーをのんびり 学びながら 人を笑顔にしつつ 資産にもなるってのが 私の笑顔なのだけど
なんだか そうもいかない氣がどんどんして。。。

しんどくなって、うえっっ

この三連休

七草がゆイベントで、氣上がったはずが
翌日、ドーーーーンと見事に落ち。。。

そう 久しぶりに 私以外の家族 私に声かけれないくらいの 陰っぷり

何もしたくない、声かけないでオーラ満載のくせに、本当は声かけてほしい、けど、かけられたら噛み付く、みたいな。
いやーーー自分でも手におえないんだから、迷惑ーーー

晟一 →かーちゃんとお風呂入りたかったのにぃ 号泣、、、、
「かーちゃん?大丈夫?どんなかーちゃんも好き」←あーーーかわいそう、けなげな晟一ごめん
ひなた →伺いながら 無視←かーちゃんのヘンテコぶりに対応慣れてる

私→ふて寝 寝れない ふて寝。。。

いつもの足揉み、してやらんから、ひなたは寝れない

悪循環のサイクル

肝臓とった後しばらくこの自分ではどうしようもできない感情の渦 苦しかった日々
それが、少しプレイバックして
しんどかったーーーー

本日 氣を取り直し

無理しすぎないよう 少しづつ笑顔に

夜寝るとき
2人に「かーちゃん、昨日はおかしくてごめんね」と謝ったら
ひなた「いいよ」
晟一「きのうのかーちゃんは普通、今日のかーちゃんは大好き」

ごめんねと、2人に謝れたので、よしとした

そして
今月は
わたしはとても大切な存在です
を、起床就寝唱えてるから
もう、きっと大丈夫


どんなわたしでも
許してくれて 愛してくれるのは
やっぱり
我が子なのでした
ありがたくて
涙出るぅ

情緒不安定は、だいぶ治ったはずが
ぴょこんと顔だすんだなぁ。。。

移植6年目に想うこと


無事に晟一 移植五年経過
移植当日の朝の感じとか 手術室入る時の氣持ちとか 急変してもうダメなのかもとか たくさんの人が 暖かい氣持ちを注いでくれたこととか 友達に抱きしめてもらうことがこんなに安堵するものなのか とか。。。

すべてのおかげで 今の晟一と 健康オタクになった私がいます

そして

私の父の母親が本日お空へ旅立った

祖母とは 一時期同居していたことがあり
ひなたはとてもなついていた

祖母と私は 仲たがいがあり
私が口唇口蓋裂で産まれた為
「手術するまでは、家に連れてくるな」と言われたことを、私自身、母親から 聞かされたことがきっかけで
同居したあと どうもうまくいかなかった

父親には おやつの果物を切ってあげる祖母は 私にはくれなかったりとか
たったそれだけのことが 氣になったり

祖母から愛されたかったのかな

多少冷酷なところのある祖母ではあったが
父親にとってはとてもとても大切な母親

父親に虫の知らせがあったのだろう
今は施設にいたおばあさんに面会
「もうええじゃろう。」をやたらと繰り返したそう

それを聞いて 面会に行ったこともなかった私も 行ってみようと思い 肺癌無治療のおばあさんのところへ クリスマスイブに面会

弱っていたし 酸素は外せない状況ではあったが 不思議なことに
とても 目が澄んでいて 穏やかな表情で 私に
「おおきくなったねぇ」と

もう40なのにね

人は 亡くなる前には こんなにも澄んだ瞳になるのかな
大往生なのかな

98歳を迎えた祖母

よく噛み 昔ながらのものが好物で
おしゃれで
4人息子の母親で


晟一がお腹にいる頃が 祖母との仲たがいが絶好調のときで

晟一が移植も必要なこともあり
これ以上同居は無理だと 私が母に訴えたこと
父親は、それを聞いて 祖母と出て行くと言ったこと
結局 原爆の施設に申し込んでいたところが空き 行ったこと

あんなに澄んだ瞳で 微笑まれると
自分がしてきたことが とても悔やまれた

足をさすりながら 泣けてきた
すみませんでした。。。。。

おとついは ひなたにも
「もうこんでええよ」と小声で言っていた

死を覚悟し受け入れていたのだろう

せめて足浴とかしてあげたかったなと
冷たい足を 触りながら思った

施設の一室で
誰にも見守られず お空へ
息子たちが到着したのは 30分後だった
私たちもそうだった


もう血の気のない
よく病院で私が目にしてきた光景があった

口があんぐりとあいていたので
顎にタオルを挟もうと 頬を触ると
まだ暖かくて

ごめんね
優しくできなくて

父は 母親を 優しく抱きしめていた
そんな父がまた悲しかった

よくがんばったね
ありがとう

ミラクルタッピング🎶

日々の出来事

引き寄せ法則の ミラクルタッピング 子供対象のに参加
心のブレーキがかかっていることを
トントントンと三ヶ所タッピング
できないかもしれない
行きたくないな、不安
とか、そんな風にブレーキかかってる時や
すっごいイライラするーーーってな時に
トントントン🎶

人は70%水分
ありがとうと声かけた水と
バカヤローと声かけた水の結晶は明らかに
ありがとう、の方が綺麗
それをもとに お互いに
大丈夫だよ ありがとう
をいいあいこ なんだかあったかい氣持ちに❤︎
スプーン曲げに 人起こしなど体験

最後に個人セッションで心のブレーキひとつ外してもらった

そんな翌日 ひなたが宿題溜めてるし
タッピングしてやりんちゃい
溜めたのは自分やろー?と言うとすねるひなたにタッピングを勧める。。。
私はというと、寝ぼけ朝に指をざっくり包丁で斬り刻む(๑◞ε◟๑) ㄑ˝ནƕㆀ
夜になっても流血したりしてて
ひなたが 駆け寄り
大丈夫だよ
治してあげる と 私の指をあたたかく包み込んで念じるひなた

あなたーーー
素敵よ❤︎ ジーーーン

いまの時代 こんなミラクルなことや お手当とか 心の持ち方とか 大切だと思うなぁ
機械では絶対できないこと
人だからできること

ありがたいありがたい

命の恵み

日々の出来事

雨の中だったけど カマの使い方、刈り方を教えてもらい 美味しいイノシシ汁や竹のご飯を頂き 偶然にも かみさまの雫という酵素の力を手に入れ 早速 朝摘みの雑草と延命水を汲みに行き 仕込みした
すべては 子供たちの自然な元氣を促したいから
自然治癒力 自分の力を引き出すのは 微生物。。。ということに、とても 素直に飲ませたいと思ったので
いろんな栄養素も大切だし 排泄することも大事 いろんなバランスを自分の力で発揮できるといいなぁ
そして あれこれ 手当たり次第に チャレンジしている私も そろそろ これだっ!ていうのに たどり着きたいなぁ

雨の中子供ら2人を山遊びさせて 若干 不慣れな為半袖 雨具なし故 帰って 寒くて寝てしまう疲れやすい私 まぁこれもよし

自分の直感 体感 を信じて

子供たちにはできるだけ 土に触れさせ 自然の中で 生きていけるようにしたいという想いは確かにある

子供たちの反応は 立ち食いで 雨の中イノシシ汁のありがたい命を頂き 鹿の肉を切り裂く 目の前で ガン見。。。
そしていただく

ありがとうございました
自然の恵み様

呪文

f:id:nameneko1516:20160322171816j:plain

1年間お世話になった農業活動 竹の子学園   塾長の体調不良もあり

やむなく 打ち切りとなりました

無念さが 伝わってきて  ほぼ奉仕で子供らに農園活動をされてきた想いなど  考えると 涙が出ました

ありがとうございます


f:id:nameneko1516:20160322172113j:plain

金木犀の木まで植えさせてもらって。。。感謝のみ


お別れの季節

私の大好きな友達も  静岡に転勤

身体を大事に また帰ってきたら 必ず ほぐさせてね


今日はお休みをもらって 足揉みへ

管足法といって  足裏から膝上までしっかりもみほぐす  老廃物をしごいて 片栗粉ほどに潰し 尿として排泄させること

痛みを伴うから 本気でどこまで自分でできるかがポイントなよう

そして、信じること

 朝から 母親と 些細なことで 口喧嘩

一緒に行くはずだった足揉みに母親は行かず


 いっちゃん先生のお話や生き方を聞いていると 自分の小さい器が丸見えで  

やっぱり

ありがとう

ごめんなさい

許してください

愛しています

の呪文を唱えながら 帰っていると

自然と やっぱり私は母親が大好きだし 愛してる、と素直に思いました


自分の身体も 臓器も 何も言わなくても 必死に がんばって動いてくれてる


日々、臓器たちにも感謝を


足揉みは 老廃物排泄の手助けになり

足は軽やかになり 腰や首、肩の痛みも 反射区をちゃんと揉めば すぐに効果がある

いっちゃん先生、ありがとうございます


本氣で足を毎日揉むことにします


そして、さっきの4つの呪文  まだホ・オポノポノの本途中だけど

心が楽になりました

それまた ありがとう


同じ病氣の子供たちがこの春に 続々入院されてるのがとても氣になる

春は身体が緩んできて 冬に貯めてきたものが でるのだろうか


西洋の医療ももちろん頼りつつ

母の手でできること

母にしかできないこと

あると思う    例えば下痢の時 すぐに薬に頼りがちだったところを 生姜湿布をしてみたり  熱には キャベツを頭に乗せたり

母の手からは 我が子にしっかり氣がでているから 背中をほぐしたり お腹をマッサージしたり ふくらはぎを揉んだり

まだまだ学べることはたくさんありそうだし  免疫抑制剤をバンバン飲んでいる我が子で 色々やってみようと思う


祈ることしかできない時もあるけど

できることがあったりすると

母親も癒されるのではないかと感じます


多かれ少なかれ 自分のせいで、、と自責の念があるお母様が多い中 だからこそ。。。


今我が子らに

①テルミーという温熱療法→ポカポカ全身の皮膚刺激になり、それは脳へ信号を送り 自然治癒力を高める

癒着をはがすのにも有効

②管足法の足揉み→晟一は肝臓と脾臓はゴリゴリです

③お家整体→母の手で背中をほぐす


そんなことをしながら 

病氣と共に生きて生きて 

笑って  楽しんで 笑って

生きていきたい






びわの葉 染物

日々の出来事


マアルのワークショップへ。

経皮毒の事を考えると、若者たちや子供達の子宮を守りたいと強く思います。
http://tomomihasegawa.com/percutaneous-absorption/
我が子には布ナプキンを推奨。
実際 私は仕事のとき以外は 布ナプキンで。
すると経血がくさくなく、ぐっと減り トイレで排泄できたり、 だいたい4日もかからず終了。そして、何より おしもが引っ張られるような苦痛もない。
なんて素敵な布ナプキン❣️
そんなわけで、びわの葉で布ナプキン染めたらまた、すごいんじゃないかって。
予約待ち望んだ今日。
びわの葉で 布ナプキンを染めました。
祝島のびわの葉。
グツグツ グツグツ
その湯気を浴びているだけで
眠たくなり ひとによっては 顔半分が痛くなったり。。。
私は 眠たくって 気持ちよくって。
染め方で オレンジっぽくなったり 3年ものの釘をつかったものは、くろっぽくなったり 染物の魅力は果てしないものだと感じました。
オバァちゃんになる前にでも またじっくりやりたい。
綿の種まで頂き 来年蒔くぞ‼︎


びわの葉茶 まろやかでしたー。

集った皆さんも 若い方でも 真剣に水の危機の話やら していて まだまだ世の中は捨てたものでないなと感じたのでした。
どんどん、自然療法に興味を持って、元気に美しくあって欲しい。世の中の女性には。

これは びわの葉と 綿の種を頂いたもの


もぐさと びわの葉で 温灸。。。

はーーーありがたき幸せです。