読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分をえらんで 生まれてきたよ

不整脈、ペースメーカー埋め込み、喘息、など 病氣をもちうまれた

いんやく  りおくんの本より

 

赤ちゃんは、どのお母さんにするか、どんな体にするか、どんな性格になるか、自分で決めて生まれてくるのが、ふつうだよ。

ぼくが病氣で生まれたのは、

病氣で生まれる子や、お母さんたちを、励ますためだ。

だから、ママは、

ぼくの言葉を、みんなに教えていい。

ぼくは、病氣だったから、幸せなんだ。

ぼくは、病氣だったから、心の言葉が話せるんだ。

だから、いつか、心の幸せを配るサンタさんになるんだ。

病氣になる理由は、人によってそれぞれ。

でも、ぼくのいまいえる言葉は、

病氣は、体を、じょうぶにするためにある、ということ。

病氣をすると、新しいことが入って、古いものは飛んでいく。

あまりわるい病氣だと、治療がたいへんかもしれないけど、

大きなことを学んでいるのだと思う。

 

ぼくは、自分が大好きだ。

自分の体が、大好きだ。

自分の体、ありがとう。

 

 

 

 

この言葉たちは、りくくんから、うまれた言葉たち。

もともと神秘的な神様に近い状態で生まれてきた子供たちは、そう思ってるのだと思う。

自分の体、心が好きであってほしい。

 

f:id:nameneko1516:20170218112043j:image

風呂掃除のひなた